夜景と東京タワー

「寒いな」
僕はベランダ越しに夜の東京の街を眺めながらストロングゼロをあけた。
住み慣れたこのアパートから見える景色には見飽きている。今は冬であり厚着をしていても肌寒さを感じる。
寒さをまぎらわすようにストロングゼロをもってベランダに僕はでてきた。

田舎の長野から東京に出てきて3年、慣れない満員電車に四苦八苦しながらもどうにかこうにか暮らしてきた。
東京に出てきた理由はデザイナーになりたかったからだ。
長野でそれが実現できなかったというわけではない。ただ何かを変えるきっかけが欲しかった。
家族は「どうやって食べていくんだ?」と心配をした。真面目に考えてくれていることが伝わり、嬉しくはあったが僕の中の気持ちは収まらなかった。
結局自分で自分の背中を押すために東京に移り住むことを決めたのだ。

新宿駅のホームを降り立ったあの日、渦のように動き、壁のように立ちはだかる人々に圧倒されていた。不安が高まる、足がすくむ。
僕にできたのはただがむしゃらに、精一杯強く歩を進めることだけだった。

昔はほろよいを飲んでいた僕も、いまではすっかりストロングゼロだ。
年のせいもあるのか、健康に気を使って糖質・プリン体ゼロを自然と選ぶようになった。

前は毎週馬鹿騒ぎして飲み歩いていた友達も、最近は予定が合わずに会っていない。
お酒だけが強くなり今も残っている。これはただの強がりなんだろうか?

眠気を感じる。部屋の中に戻ってベットに腰を下ろした。
このままストロングゼロを飲みながら自然と意識が遠いていくのだろう。

僕は「今日」という日をゼロリセットしながらを暮らしている。
1日の終わりに「今日」振り返るには力が残っていない、そんな日々が続く。
そんな夜でも、ストロングゼロを流し込むと焦りも不安も溶けていく。

少しため息をついて部屋の真ん中をしばらく眺めていた。

それでも良いのではないかと思う。少なくとも僕は前に進むことができているはずだ。

ただがむしゃらに。

あの始まりの日に、戻るようにゼロになる。
あの始まりの日の強さを、取り戻すためにゼロになる。

僕はそんなことを思いながら今日も、ストロングゼロを飲む。